ほっそりとした輪郭に|肌の老化を防ぎたいならヒアルロン酸注入【プチ整形で若返り】

ほっそりとした輪郭に

婦人

注射だけで細く

エラボトックスはエラの部分にボトックス注射を打つことで小顔にする美容術です。咬筋が発達してエラが張って見えるタイプに有効です。 ボツリヌストキシンを注入することで筋肉を弛緩させます。自然にほっそりとした輪郭にすることが可能です。 ボトックス注射はもともと、眼科でチック症などの治療に使われていた治療法。現在はしわの改善によく利用されています。安全性が高いのが特徴です。 エラボトックスは咬筋に数カ所、注射を打ちます。咬筋が3層構造になっているため、全ての層に打つ必要があります。効果は施術後、2週間程度で現れ始めます。個人差がありますが、6ヶ月から1年ほど持続するといわれています。 エラボトックスは万が一、結果が気に入らない場合も時間が経てば元に戻ります。

外科手術の必要なし

エラボトックスが支持されている理由は外科的な施術の必要がないこと。エラ削りは入院が必要な手術でしたが、エラボトックスは注射だけ。通院で行うことが出来ます。ダウンタイムは殆どありません。注射をしたその日から通常通りの生活が送れます。ごく細い針を使うため痛みは少ないです。 徐々に効果を発揮するため、周囲に気付かれずに施術が受けられます。効果を持続させるためには1年ごとの注射が必要。何度も繰り返し治療することで持続時間が長くなります。 ボトックス注射は解剖学的な知識と経験が必要な治療です。ネットで病院のホームページをよく読んで調べましょう。使用されるボトックスの品質は大切です。クリニックのページには製品の写真や特徴、価格を掲載しているところがあります。よく読んで比較検討しましょう。